*

「 社長ブログ 」 一覧

15.ダブルチェックの原則を貫く

人は誰でもミスを犯すし、してはならないと知りながらつい魔が差したように不正を行ってしまうことがないとは限らない。 ミスや不正を防ぐためには、複数の部門や人が関わるダブルチェックのシステムが働くよ

続きを見る

14.土俵の真ん中で相撲をとる

「土俵の真ん中で相撲をとる」とは、常に土俵の真ん中を土俵際だと思って、一歩も引けないという気持ちで仕事にあたること。 納期で考えるなら、お客様の納期に合わせて完成させるのではなく、何日も前に完成

続きを見る

13.もうダメだというときが仕事のはじまり

ものごとを成し遂げていくもとは、才能や能力より、その人の持っている熱意や情熱、さらには執念が大切。 だから、もうダメだというときが仕事のはじまりと言える。 強い熱意や情熱はあれば、四六時中

続きを見る

12.倹約を旨(むね)とする

私たちは余裕ができると経費に対する感覚が甘くなり、ひとたび甘い感覚が身についてしまうと、状況が悪くなってもなかなか直すことができない。 ですから、どのような状態であれ、常に倹約を心がけなくてはな

続きを見る

【イベント】リフォームフェアご来場ありがとうございました。

11月2日(土)のLIXILショールーム東京にて行いました「つなぐリフォーム提案会」にご来場頂きましたお客様、ありがとうございました。 弊社では、定期的にイベントを行ってまいりますので、今後もぜひよ

続きを見る

11.ベクトルを合わせる

人間にはそれぞれさまざまな考え方がある。 しかし、それぞれの人の力の方向(ベクトル)がそろわなければ力は分散してしまい、会社全体の力とはならない。 全員が同じ方向に結集したとき、何倍となっ

続きを見る

10.常に創造的な仕事をする

与えられた仕事を一生懸命に取り組むことは大事だか、常にこれでよいのかということを毎日考え、反省し、そして改善、改良していくことが大切である。 毎日の仕事の中で「これでよいのか」と考え、同時に「な

続きを見る

9.有意注意(ゆういちゅうい)で判断力を磨く

目的をもって真剣に意識を集中させることを有意注意(ゆういちゅうい)という。 私たちはどんなときでも、どんなささいなことであっても、気を込めて取り組まなければならない。 意識的に有意注意を続

続きを見る

8.お客様第一主義を貫く

お客様のニーズに対して、徹底的にチャレンジしていく姿勢が要求される。 お客様に喜んでいただくことは、商いの基本であり、そうでなければ利益は上げ続けることはできない。 それが「お客様第一主義

続きを見る

7.利他(りた)の心を判断基準にする

心には、「自分だけが良ければいい」と考える利己の心と、「自分を犠牲にしても他の人を助けよう」とする利他の心がある。 利他の心で判断すると「人によかれ」という心ですから、まわりの人みんなが協力して

続きを見る

15.ダブルチェックの原則を貫く

人は誰でもミスを犯すし、してはならないと知りながらつい魔が差したように

14.土俵の真ん中で相撲をとる

「土俵の真ん中で相撲をとる」とは、常に土俵の真ん中を土俵際だと思って、

13.もうダメだというときが仕事のはじまり

ものごとを成し遂げていくもとは、才能や能力より、その人の持っている熱意

12.倹約を旨(むね)とする

私たちは余裕ができると経費に対する感覚が甘くなり、ひとたび甘い感覚が身

【イベント】リフォームフェアご来場ありがとうございました。

11月2日(土)のLIXILショールーム東京にて行いました「つなぐリフ

→もっと見る

ログイン

PAGE TOP ↑